特殊清掃の内容と作業方法

特殊清掃とは、孤独死や事故、事件、災害などの現場で、一般的な掃除では対応できない汚れや臭いの除去を行う作業です。主な作業内容は、以下のとおりです。

  • 遺体や血液などの体液の除去
  • 腐敗臭やタバコ臭などの悪臭の消臭
  • 害虫の駆除
  • 原状回復

遺体や血液などの体液の除去

孤独死の現場では、遺体や血液などの体液が残り、腐敗臭が発生します。これらの汚れは、一般的な掃除道具や洗剤では除去が難しいため、特殊な技術や知識が必要です。

遺体や血液などの体液の除去には、以下の方法があります。

  • 吸引器やモップなどの機械を使用して、表面に付着した汚れを除去する
  • 特殊な洗剤や溶剤を使用して、汚れを分解する
  • 壁紙やフローリングなどの材質ごとの適切な方法で、汚れを除去する

腐敗臭やタバコ臭などの悪臭の消臭

孤独死や事件、事故の現場では、腐敗臭やタバコ臭などの悪臭が発生します。これらの臭いは、換気や消臭剤だけでは完全に消すことができないため、特殊な技術や知識が必要です。

腐敗臭やタバコ臭などの悪臭の消臭には、以下の方法があります。

  • 活性炭やオゾンなどの酸化剤を使用して、臭いの原因物質を分解する
  • 芳香剤や消臭剤を使用して、臭いをマスキングする
  • 壁紙やフローリングなどの材質ごとの適切な方法で、臭いを除去する

害虫の駆除

孤独死や事故、事件の現場では、害虫が発生する可能性があります。害虫は、病原菌を媒介したり、建物に被害を与えたりする可能性があります。

害虫の駆除には、以下の方法があります。

  • 殺虫剤や忌避剤を使用して、害虫を駆除する
  • 害虫の侵入経路を塞ぐ

原状回復

特殊清掃の最終段階は、原状回復です。遺体や血液などの汚れや臭いを除去した後、現場を元の状態に戻します。

原状回復には、以下の作業が含まれます。

  • 壁紙やフローリングなどの張り替え
  • 家具や電化製品などの清掃
  • 遺品の整理

特殊清掃の作業方法

特殊清掃は、一般的な掃除とは異なり、専門的な技術や知識が必要です。特殊清掃の作業は、以下の流れで行われます。

  1. 現場の調査

現場の状況を把握するために、調査を行います。調査では、現場の広さや汚れの程度、害虫の有無などを把握します。

  1. 作業計画の作成

調査の結果に基づいて、作業計画を作成します。作業計画には、作業内容、作業時間、作業費用などが含まれます。

  1. 作業の実施

作業計画に沿って、作業を実施します。作業中は、作業員の安全と健康に配慮し、感染症対策を徹底します。

  1. 作業完了の報告

作業が完了したら、作業完了の報告を行います。報告書には、作業内容、作業時間、作業費用などが記載されます。

特殊清掃の依頼先

特殊清掃は、一般の清掃業者ではなく、特殊清掃の専門業者に依頼するのが一般的です。特殊清掃の専門業者は、遺体や血液などの体液の除去や腐敗臭の消臭などの技術や知識を有しており、安全に作業を進めることができます。

特殊清掃の費用は、現場の状況や作業内容によって大きく異なります。また、遺品整理や解体工事などのオプションを追加した場合は、さらに費用がかかります。

特殊清掃が必要になった場合は、複数の業者に見積もりを取るなどして、費用や対応内容を比較検討することが大切です。

一覧へもどる